takeyu blog

40代後半♂の雑記ブログ

生涯現役です

こんにちは、takayu です。

 

引き続き『私の財産白書』本多静六 を紹介します。

セミリタイアやFIREを目指している方は、めちゃくちゃ参考になりそうです!

 

『人生即努力』『努力即幸福』、著者の最終的な人生観だそうです。

著書自身も、当初の生活安定法は、

「若いうちに勤倹貯蓄、慈善報謝、陰徳を積み、老後はその貯蓄と陽報で楽隠居する」

というものだったそうです。FIRE的?

 

今のFIREが注目されているのは、早くお金貯めて、今の会社や環境から抜け出したいということなんでしょうかね?今も昔も何も変わっていないですね。

 

私自身も、最初はそんな生活になれたらいいなと思っていました。

 

ですが、突き詰めていくと、

今の仕事は好きですし、生涯現役でいたいと思っています。

確かに、フルタイムで働くことは年齢とともにできなくなってくると思うのでそういった意味で、セミリタイアやセミFIREして空いた時間で他の好きなことをしたいですね。本業も副業も好きで楽しいので、働くことが、趣味の一部になってるってことかもしれませんね。

 

私には、ワークライフバランスではなくて、落合陽一が考える理想の働き方「Work as Life」とは? | JBpress (ジェイビープレス) (ismedia.jp)ですね!

 

 

一見すると、お金貯めて仕事しなくていいことが幸福だと思いがちですが、

お金を貯めて、より仕事に励み、またお金を貯めるの繰り返しが幸福になると著書の中でも書かれています。

私自身も同感でそのように生きていきたいと思っています。

 

会社という枠に囚われていると、行動範囲が狭くなります。

私も現在は会社員をしていすが、ようやく実力もついてきたので個人事業主で頑張っていこうと思っており、会社と交渉中です。

個人事業主というと大それた感じもあると思いますが、現代は副業解禁の時代でもありますし、個人事業主の選択は、企業と従業員双方にとってwin-winな関係が気づける一面もあります。特に私のような独り身にとっては、あまり会社員として在籍しているメリットが少なく、個人事業主になることで、手取のお金が増えてそれを自身で運用した方が効率がいいという判断です。

 

敷かれたレールの上を進んでいくのは楽でいいのかもしれませんが、自分で決めてないので必ず不平不満が出てくるか妥協するしかありません。それよりも、自分でレールを敷いて自分の行く方向を決めた方がきっと楽しい!しっかりとゴールを決めてそれに向かってする努力は楽しい。楽しいから挫折することはないということですね。

 

本から学ぶことは、本当に多いです。

いつも思いますが、すでに先人たちによって、いろんな答えは出ているんですよね。

 

たくさん本を読んで、楽しく豊かになりましょう!

 

           

 

 

読んでくださいましてありがとうございます。