takeyu blog

40代後半♂の雑記ブログ

フリーランスの社会保険

f:id:takeyublog:20220124212620p:plain

まずフリーランスになったら、市役所に行って、健康保険、厚生年金の喪失届を提出し、国民健康保険国民年金に加入する手続きを行います。

数日たつと、割と早くに新しい保険証が郵送されてきます。

今までの健康保険の保険証と比べるとペラペラでダサいです(笑)

いずれにしてもマイナンバーカードに集約されるんだと思うので、ペラペラだろうと問題なしです。

 

会社員とフリーランス社会保険を比べてみました。

 

【会社員の社会保険

フリーランス社会保険

という社会保険の内容になりますので、会社員に比べると保証内容は当然手薄になりますね。今まではこうした支払いは、会社の方で管理されて給料で天引きされていましたので今まで意識することはあまりなかったと思います。

ですが、フリーランスになるとこうしたことも自分で管理していかなくてはなりません。これをきっかけにしっかり勉強するのもいいと思います。

国民健康保険は医療費は3割負担です。これは今までと変わらずです。

国民健康保険の保険料は住んでいる市町村で基準が違います。そして前年の所得によって決定されます。

次に国民年金の保険料は、所得に関係なく16,610円(2021年度)です。

プラスで400円の付加保険料を上乗せすることにより将来の年金額に付加年金が上積みされます。また、2年前納などの割引もありますので少しでも安くしたい方には前納がおすすめです。

 

私は、民間保険には一切入っていないです。

民間保険はいらないと思っています。

国民健康保険には、高額療養費制度があり医療費が高額な場合は、限度額を超えた分がはらいもどしになる制度があります。(所得により異なる)

民間保険に入るぐらいなら健康を維持するために投資した方がいいと思います。

会社員の方は所得控除に使えますのでそのために加入する方も多いと思いますが、フリーランスの方であれば他に税金を減らす方法が結構ありますので、あまり効果は少ないように感じます。

国民年金は払った方がいいですね。

こんな安い掛け金で死ぬまでもらえる金融商品は他にないと思われます。長生きすればするほどお得です(笑)

他に、障害基礎年金、遺族基礎年金もありますので結構手厚い内容です。

 

 

そして、社会保険料控除として滞納していても所得から全額引けます!

国民年金を払っていなくて今からでも払いた方は、2年までさかのぼって納付できます。そして納付した場合は全額控除の対象になります。

 

国民健康保険国民年金をちゃんと払って、楽しく豊かになりましょう!

 

読んでいただきましてありがとうございました。